S&B 簡単みんなのiレシピ
余ったフレッシュハーブの
保存法・利用法


まずは余らせない工夫を。いつもの汁物に刻んで加えたり、他の料理に加減しながら加えてみましょう。それでも余ってしまったら・・・。

1)刻んでから冷凍
使いやすい大きさに刻んでから冷凍。使うときは、そのままスープやシチューなど煮込み料理に加えます。
冷凍保存が可能なハーブ:ミント、オレガノ、イタリアンパセリ、ローズマリー、レモンバーム、タラゴン、チャイブなど。

2)アイスキューブにする
ハーブの葉を製氷皿に入れて水と一緒に凍らせると、おしゃれなアイスキューブに。ミントやレモンバームなど、香りがさわやかなハーブがおすすめ。

3)ペーストにして冷凍
ハーブをペースト状にしてから冷凍保存してもOK。パスタやサラダ、肉・魚・野菜のソテー、トーストなどに幅広く使えます。
4)バターに混ぜ込んで冷凍
刻んだハーブを室温に戻したバターに混ぜて冷凍。必要な量だけ切り分けて使います。トースト、ステーキや魚のソテー、パスタ、ピラフなどに。
5)乾燥させる
乾燥させてドライハーブにしましょう(ただしチャービルやタラゴン、レモンバーム、バジルなどはちょっと難しいです)。

-吊るして乾燥-
ハーブをさっと水で洗って水気をよくふき取り、小束に分けて風通しの良い日陰でさかさに吊るして乾燥に(様子を見つつ1週間程)。また、葉をはずして紙箱やざるに広げて乾かしても。

-電子レンジで乾燥-
ハーブを洗って水気をよくふき取り、茎から葉をはずしてキッチンペーパーに重ならないよう敷いてレンジにかけます。30秒加熱しては様子を見る、を数回繰り返し葉がパリパリになればOK(目安:500Wで2分〜2分半)。少し香りが弱くはなります。

6)料理以外に
浴槽に浮かべてハーブバスを楽しんだり、水をはったグラスや器にハーブを浮かべて飾る、押し花にする・・、といろいろな楽しみ方も。

スパイス&ハーブのキホンに戻る
簡単!みんなのiレシピTOPへ戻る
(C)エスビー食品株式会社